内視鏡下異物除去術

内視鏡下異物除去術
(担当:岩井俊憲。外来: 月・火(午後)・木(午後),全身麻酔手術日:水)

 お鼻の空洞(上顎洞)の中に異物が入り込むことがあります。親知らずの抜歯時に上顎洞の中に歯が迷入したり,歯の神経の治療をした時に歯根の状態が悪いと上顎洞に詰めた物が入り込むことがあります。これらの異物が感染したりすると,上顎洞炎(いわゆる蓄膿症)になることがありますので,異物の除去が必要です。われわれはできるだけ低侵襲に異物除去を行うために,内視鏡下で治療しています。
低侵襲手術のご希望がありましたら,紹介状(できれば画像データも)を持参のうえ、ご相談下さい。
横浜市立大学附属病院(代表)045-787-2800 
→岩井先生へのメールでのお問い合わせはこちらから


【News】
・2014/10/19 岩井俊憲助教が第59回日本口腔外科学会総会のシンポジウム「口腔外科領域での内視鏡の応用」でシンポジストとして講演しました。
・2014/4/25 横浜市立大学先端医科学研究センター市民講座でプロジェクトリーダーの岩井俊憲助教が「患者さんにやさしい歯科・口腔外科の内視鏡手術」の講演を行いました。
・2014/4/18 岩井俊憲助教の内視鏡の研究が神奈川新聞に掲載されました。
・2013/10/11 岩井俊憲助教が第58回日本口腔外科学会総会 若手口腔外科医のためのミニレクチャーにて、 「口腔顎顔面領域における内視鏡を用いた低侵襲手術-導入のためのA to Z-」のテーマで50分間の講演を行います。
<手術風景>
<上顎洞内の異物>