内視鏡支援下顎骨嚢胞性病変摘出術

内視鏡支援下顎骨嚢胞性病変摘出術
(担当:岩井俊憲。外来: 月・火(午後)・木(午後),全身麻酔手術日:水)

  顎の骨には嚢胞(のうほう)や良性腫瘍(角化嚢胞性歯原性腫瘍やエナメル上皮種など)ができることがあります。こういった病変が大きい場合には顎の骨を大きく削る必要があり,術後に腫れや痛みが強くなります。また,顎の骨が薄くなっている場合には術後に骨折したりする危険性があります。そのため,当科では内視鏡を用いることにより患者さまに優しい低侵襲な治療を行っています。たとえば,病変により既に骨欠損(骨が吸収して穴が開いている状態)がある場合にはその穴から(最小限の骨の除去の追加により)病変を取り除きますし,骨欠損がない場合でもできるだけ小さな骨の削除により病変を摘出しています。口の外から切開が必要と診断された場合でも,内視鏡を使用することで口の中だけから病変を摘出することも可能となります。
通常,内視鏡支援下顎骨嚢胞性病変摘出術は2泊3日の入院で全身麻酔にて行っています。

低侵襲手術のご希望がありましたら,紹介状(できれば画像データも)を持参のうえ、ご相談下さい。
横浜市立大学附属病院(代表)045-787-2800 
→岩井先生へのメールでのお問い合わせはこちらから


【News】
・2014/10/19 岩井俊憲助教が第59回日本口腔外科学会総会のシンポジウム「口腔外科領域での内視鏡の応用」でシンポジストとして講演しました。
・2014/4/25 横浜市立大学先端医科学研究センター市民講座でプロジェクトリーダーの岩井俊憲助教が「患者さんにやさしい歯科・口腔外科の内視鏡手術」の講演を行いました。
・2014/4/18 岩井俊憲助教の内視鏡の研究が神奈川新聞に掲載されました。
・2013/10/11 岩井俊憲助教が第58回日本口腔外科学会総会 若手口腔外科医のためのミニレクチャーにて、 「口腔顎顔面領域における内視鏡を用いた低侵襲手術-導入のためのA to Z-」のテーマで50分間の講演を行います。