内視鏡下歯根端切除術

内視鏡下歯根端切除術
(担当:岩井俊憲。外来: 月・火(午後)・木(午後),全身麻酔手術日:水)

 歯根囊胞(歯の根の先に膿の袋ができる病気)は外科的に摘出され,歯根端切除・逆根管充填術(根の先を削り,根の後ろから詰め物をします)が行われますが,臼歯部(奥歯)では視野の問題でその適応が困難とされているため,抜歯せざるをえない状況でした。そのため,われわれはできる限り自分の歯を残し使用し続けることを目指して,内視鏡を導入しました。内視鏡を使用することで従来では観察困難であった臼歯部でさえ,良好な術野のもと歯の保存(温存)が可能となっており,現在では安定した治療結果が得られています。
  嚢胞(膿の袋)が小さく1本であれば,局所麻酔の日帰り手術(30分程度)を行っています。
  嚢胞(膿の袋)が大きかったり,数本の手術が必要な場合には,全身麻酔の手術1回ですべての歯に行います。入院期間は2泊3日です。
低侵襲手術のご希望がありましたら,紹介状(できれば画像データも)を持参のうえ、ご相談下さい。
横浜市立大学附属病院(代表)045-787-2800 
→岩井先生へのメールでのお問い合わせはこちらから


【News】
・2014/10/19 岩井俊憲助教が第59回日本口腔外科学会総会のシンポジウム「口腔外科領域での内視鏡の応用」でシンポジストとして講演しました。
・2014/4/25 横浜市立大学先端医科学研究センター市民講座でプロジェクトリーダーの岩井俊憲助教が「患者さんにやさしい歯科・口腔外科の内視鏡手術」の講演を行いました。
・2014/4/18 岩井俊憲助教の内視鏡の研究が神奈川新聞に掲載されました。
・2013/10/11 岩井俊憲助教が第58回日本口腔外科学会総会 若手口腔外科医のためのミニレクチャーにて、 「口腔顎顔面領域における内視鏡を用いた低侵襲手術-導入のためのA to Z-」のテーマで50分間の講演を行います。


内視鏡下歯根端切除:術中の動画

 本ページはadobe flash playerを導入しております。