内視鏡支援下顎部病変摘出術

内視鏡支援下頸部病変摘出術
(担当:岩井俊憲。外来: 月・火(午後)・木(午後),全身麻酔手術日:水)

 頸部に生じた病変(囊胞(ふくろ):鰓囊胞などや腫瘍:リンパ管腫など)を2~3cmの皺に沿った小切開で内視鏡下に摘出しています。
 従来法に比べ傷跡は3~5分の1程度で行えるため,低侵襲な治療が可能です。

 手術は全身麻酔で行う必要がありますが,入院期間は2泊3日です。
低侵襲手術のご希望がありましたら,紹介状(できれば画像データも)を持参のうえ、ご相談下さい。
横浜市立大学附属病院(代表)045-787-2800 
→岩井先生へのメールでのお問い合わせはこちらから


【News】
・2014/10/19 岩井俊憲助教が第59回日本口腔外科学会総会のシンポジウム「口腔外科領域での内視鏡の応用」でシンポジストとして講演しました。
・2014/4/25 横浜市立大学先端医科学研究センター市民講座でプロジェクトリーダーの岩井俊憲助教が「患者さんにやさしい歯科・口腔外科の内視鏡手術」の講演を行いました。
・2014/4/18 岩井俊憲助教の内視鏡の研究が神奈川新聞に掲載されました。
・2013/10/11 岩井俊憲助教が第58回日本口腔外科学会総会 若手口腔外科医のためのミニレクチャーにて、 「口腔顎顔面領域における内視鏡を用いた低侵襲手術-導入のためのA to Z-」のテーマで50分間の講演を行います。