臨床研修医

歯科研修医募集
詳細を見る

初期臨床研修医

 歯科・口腔外科は顎顔面口腔を構成する組織およびその関連器官の疾患の診断と治療を行う分野であり軟組織並びに硬組織の両疾患を対象とします。こうした歯科・口腔外科の専門知識と技術・技能を有し、医科大学としての特徴を生かし、医学に通じた歯科医師を養成することを目標とします。
 当科における初期研修には2つのプログラムがあり、附属病院での研修プログラムと附属市民総合医療センタ−(センター病院)での研修プログラムがあります。どちらも2年間のプログラムで、附属病院では1年目にセンタ−病院研修を3か月、センタ−病院では1年目に附属病院研修を4か月行い、2病院を回ることによって口腔外科で扱う疾患を幅広く経験できるようにしています。また、2年目の研修では隣接医科への研修があり、附属病院プログラムでは麻酔科・放射線科・形成外科における研修、センタ−病院プログラムでは麻酔科研修が組まれています。1年間の研修終了後、研修歯科医としての修了認定を行い、1年目の経験を生かして、同じ病院で2年目の研修を受けることができます。2年の研修が終えた後の進路としては、横浜市立大学大学院への進学や附属病院における後期研修プログラムなどがあります。

後期臨床研修医

後期研修プログラム(シニアレジデント)

 後期研修プログラムは専門医養成のため、日本口腔外科学会専門医取得に向けた症例、手術ならびに論文発表を経験し、一分野に卓越した知識と技術を備えた医師・歯科医師を養成することを目的としています。初期研修を終了した原則卒後3〜5年目の臨床医を対象にしたプログラムです。研修期間は附属病院にて1〜3年間となります。
 日本口腔外科学会専門医を取得するためには、執刀医としての手術経験、入院患者の管理、学会発表・論文発表などの要件を満たす必要がありますが、専門医取得を目指す上で、附属2病院ともに豊富な症例を有しています。当科では、現在日本口腔外科学会指導医が5名、専門医が7名在籍しており、手術などの臨床から、論文発表まで幅広い経験に基づいた確かな指導をすることができます。 また、横浜市立大学では要件を満たせばシニアレジデントの立場のまま大学院に在籍することが可能であり(社会人大学院)、臨床研究を行いつつ学位取得を目指すこともできます。